【2021年最新版】初心者・20代におすすめの投資ってあるの?

投資・資産運用

投資には興味があるが「元本がない」「投資についての知識がない」という人も多いと思います。

投資には様々な種類や金融商品があるため、必ずしも大きな元本や豊富な知識が必要なわけではありません

今回の記事では、投資初心者や20代の方々が始めやすい投資、おすすめの投資方法を紹介します。投資をはじめたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

投資とは

投資とは、売買益や配当益などで利益を見込んで自己資金を投じることです。

例を挙げると、債券、投資信託や株式などの購入、不動産などの取得などです。

投資は、銀行の預貯金などに預けるものとは違い、必ずしも利益が出るとは限りません。元本を失う可能性もあり、リスクを伴います。

スポンサーリンク

投資の収益は2種類

インカムゲイン(配当益)

インカムゲインとは、株式や債券などの資産を保有中に得られる収益のことです。

例えば、株式では配当金、債券では利子、不動産では賃貸することにより得られる家賃収入がインカムゲインに当たり、それら資産を保有し続けることで、継続的な収入を期待することができます。

株式投資では、長期運用により配当利回りと株主優待で利益を出そうとする人が多いですね。

キャピタルゲイン(売買益)

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。

例えば、株価50万円で購入した株式が、75万円になったときに売却した場合、差額25万円がキャピタルゲインになります。

キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性があります。

売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスといいます。

 

代表的な投資方法

株式投資

企業が事業資金を集める方法として「株式」の発行があります。

株式を購入した「株主」は発行会社の出資者の一員となります。

株主は、企業に出資する対価として、株主総会で議決する権利(議決権)や配当金・株主優待を受け取る権利などを得ることができます。

株式投資での最大の魅力は売買差額による「キャピタルゲイン」です。

しかし、現在では長期運用による「インカムゲイン」や「株主優待制度」を目的に株式を購入する人も増えています。

債券(国債)投資

債券は、国・地方公共団体、企業等が、投資家からお金を借ります。

発行者は、投資家に対し利子を支払い、償還日には元本を返還します。

国や地方自治体に対する貸し付けを行うことです。そのため安心して投資が行える反面、利息はあまり大きくなく、利益は比較的少ないです。

外貨預金

外貨預金とはその名の通り、円ではなく米ドルやユーロなどの通貨で預金することをいいます。

為替相場の違いにより利益が出るときもあれば損するときもあります。

預入時よりも円安時に外貨を円貨に払戻すと為替差益

預入時よりも円高時に外貨を円貨に払戻すと為替差損

ちなみに発展途上のカンボジアなどでは銀行金利がかなり高く、ドルで預金できる国も多く存在します。

仮想通貨

ビットコインなどに代表される仮想通貨ですが、近年多くのメディアでも取り上げられています。

仮想通貨市場は浮き沈みが激しく、1日で10%から20%近く上がることもあれば、もちろんその反対もあります

POINT

  • 損切りしない
  • 価格高騰時に買わない
  • 取引所を利用する
ちなみにビットコインは保有上位層が大半のビットコインを保有しているため、保有上位層が一気に売却することで価値を一気に落とすとか…

FX

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、「外国為替証拠金取引」を意味する言葉です。

簡単に説明すると、1ドル=120円だったり、121円だったりします。この価格のギャップを取引する投資がFXです。

少額から始められるものの、かなりハイリスクハイリターンの金融商品となっています。

POINT

  • 安く買って、高く売る
  • 高く売って、安く買う

投資信託

投資信託(ファンド)とは、簡単に説明すると「多くの投資家から少量ずつお金を集め、大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資、運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

投資信託は1つの商品の中に債権や株式投資、その他金融投資が組み合わさっているので、1つの商品を購入するだけで様々な資産に分散投資ができ、リスクを抑えられるのが魅力です。

不動産投資

不動産投資とは「不動産(宅地や建物)を購入して運用・管理し、家賃収入や売却益を得る」仕組みの投資です。

主に不動産を購入し、それを他人に賃貸として貸すことで家賃収入を得ることを指します。

家賃収入などをインカムゲイン、マンションをより高く売却するなどではキャピタルゲインが発生します。

社債

企業が資金調達の手段として、投資家から資金を募る際に発行する有価証券が「社債」です。

簡単に言うと、国債の企業バージョンです。

株式投資とは違い、元本の返済義務が会社側には発生します。

金投資

金投資とは、金を金融資産として投資し、保有することです。

金は希少性が高く、相場も安定しているため、従来からある投資対象の1つです。

信用リスクがなく、世界基準で価格が決まっている、インフレに強いなどのメリットが挙げられますが、管理する場合の盗難などのリスクや利子などがないことがデメリットとして挙げられます。

NISAで投資を始めよう

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、インカムゲインにもキャピタルゲインにも利益に対して約20%の税金がかかります。

NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

そして初心者でも、20代でまとまったお金がなくても始められるオススメの投資は、投資信託、外貨預金、債券(国債)投資です。

  • 少額投資
  • 安全性が高い
  • 豊富な知識を必要としない

この3つのポイントを抑えた金融商品と言えますし、特に投資信託はNISAで利用できるためオススメです。

金融庁HP

Blog TOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました