死ぬほど簡単な米国株投資 ①【証券会社や確定申告、口座、手数料なども解説します】

投資・資産運用

はじめに「米国株投資」と言われると

「すごく難しい」「日本株より危ない」

などの意見を述べる方が存在します。しかし、「米国株投資」は日本株より圧倒的に【安全】【高配当】そして【簡単】です。

しかし、日本人の多くは米国株を購入しません。

それは、今の日本の投資家は半数以上が50歳以上で、中には未だに証券会社に電話注文をしている人も存在します。

ネット証券がなかった時代に株式投資を始めた人がほとんどであるため米国株投資は普及していません。

現代社会では「米国株投資」がスタンダードになります。その理由は経済成長にあります。

「日経平均が上がった」とニュースになるもアベノミクスの影響で一時的であると言うものは、投資家の間では常識です。

対してアメリカ経済は常に成長し続けています。また、アメリカの株は25年連続増配を行なっている企業が100以上存在します。

アメリカの100社以上に対して、日本では、花王の一社のみです。

25年の間に経済不況があったものの増配をしてきたと言うことは「株主を大切にする」ということで、日本の企業とは株主に対する考え方が違うからです。


バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

スポンサーリンク

実は簡単な米国株式投資

よく米国株を始めるにあたって「英語が喋れない」「なんだか米株って難しそう」と思う人も多いと思います。

しかし、心配無用です‼︎米国株は皆さんが思っている以上に簡単です。

そもそも株式投資とは「企業のオーナーになること」であり、その利益の分け前をもらうことです。

注意すべきものは何?

注意するべきものは、【利回り20%以上の儲け話は全て詐欺】です。

なぜなら、投資家ならすべての人が知っている伝説の投資家ウォーレンバフェットでさえ年間の利回りが平均で22.6%だからです。

正しい情報を得ることができると、より米国株投資は確実なものとなります。

年利30%の情報を売るなんてネットに上げっていますが、300万円を40円運用で1084億円にもなります。そんな情報を数千円から数万円で売るわけがありません。

長期的に高パフォーマンスを維持する場合の理想の利回りは6〜7%とも言われています。


ETFやインデックスファンドに投資する

これが最も簡単な『安全で長期的に良いパフォーマンスを期待できる金融商品』です。

これは断言します‼︎

あのバフェットは奥さんに対して、「もし自分が死んだらS &P500(インデックスファンド)へ投資しろ」と伝えています。

答えは簡単です。これはアメリカの主要企業に平均的に分散投資するものがS &P500のインデックスファンドだからです。

米国株はどこで買うの?

購入に関しては購入手数料などが割安で、米国株に強いネット証券会社を利用してください。

日本の証券会社でオススメするのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3つです。

マネックス証券は通貨決済が米ドルのみとなっているが取り扱い銘柄は3000銘柄を超えます。

ただ、自分の周りではクレジットの関係などもあり、楽天証券を利用する人が多いようですね。

 

確定申告は必要?

結論から言います、

「確定申告をした方が良いです」

国内外を問わずに株式投資で儲かったお金には20.315%税金がかかります。

さらに配当金には、現地課税もかかるため合計28.283%の税金がかかります。しかし、現地課税の10%に関しては、確定申告で還付を行うことができます

また、確定申告により売却益と損益通算をさせることができ、税金を安くすることもできます。

 

口座は何がいいの?

株式投資の口座には、「一般口座」「特定口座」「NISA口座」が存在します。

通常は、「特定口座」か「NISA口座」を選択します。一般口座では年間取引報告書を作成する必要があるため選ぶと面倒です。

また、源泉徴収があるものとないものを選択可能ですが、米国株ですと確定申告が必要になるため、どのみち申告が必要です。

NISA口座でも現地課税は発生し、損益通算を行うことはできないなどのデメリットもあります。


 

Blog TOP 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました