【少額で大金を動かせる?】FXとは何?基礎知識やメリット、デメリットを徹底解説‼︎

投資・資産運用

近年、副業を推進する動きや国策の中で投資に目をつける人が増えています。

株式投資、仮想通貨取引、FX、不動産投資、太陽光投資など、投資の種類は多岐に渡ります。

今回は、その中でも特に始めやすいFXについて解説します。

「FXは詐欺だ‼︎」

と何も知らない人が否定的な意見を述べることも多いFXですが、基礎知識やメリット、デメリットを学んだ上で取り組むことで利益を生み出すことも可能である副業です。

「居酒屋でアルバイトするよりは圧倒的にオススメです。」

スポンサーリンク

FXとは

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で、「外国為替取引」を意味します。

簡単に理解するためには海外旅行に例えると良いでしょう。

海外旅行の際の出発時に、日本で「1ドル=100円」で円を米ドルに交換したとします。

帰国した際には、米ドルの価値が上昇しており、「1ドル=120円」になっていたら、日本円で20円の利益が発生します。

もし1,000ドルを交換していた場合には、20,000円(20円×1,000ドル)の利益になります。

このように日本円と外貨の変動で利益を出すことがFXの基本的な考え方です。

スポンサーリンク

FXのメリット

基礎的な知識を学んだ上で、FXには他の投資とは違うメリットが存在します。

レバレッジ取引が可能

FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。

その中のレバレッジ取引とは、保証金の何倍もの金額を取引することができる仕組みのことです。

通常の両替などの場合では、10万円で10万円分の外貨取引しか行うことはできません。しかし、10倍のレバレッジを使えば10万円の10倍、つまり100万円分の取引を行うことが可能になります。

このようにFXでは、少額で大きな金額の取引を行うことができるようになります。

スワップポイントが発生する

FXでは、金利の高い通貨を保有していることで、「スワップポイント」と言うものがもらえます。

スワップポイントとは、2国間の金利差のことであり、基本的に金利の高い方の通貨を買うとスワップをもらうことができ、金利の高い通貨を売るとスワップを支払うという仕組みになります。

日本円の金利はとても低く設定されているため、他国の通貨を買うことで、スワップポイントがもらえる可能性が高いです。

平日は24時間取引が可能

為替レートでの取引は平日24時間稼働しているため、平日であれば24時間取引が可能となります。

本業が忙しい方でも、夜間の時間を利用して副業が可能となります。

また、スマホやパソコンで簡単にやりとりができるのも人気の理由です。

株式投資、仮想通貨取引に比べて手数料が安い

為替取引では、手数料が非常に安く、外貨預金にかかる手数料の数十分の一、数百分の一で済むこともあるほどです。

また、国内FX業者は手数料を基本無料としている場合がほとんどですが、取引コストが無料というわけではありません。

取引コスト=スプレッドが発生する場合がほとんどで、スプレッドは独自に設定されたもので、為替手数料とも呼ばれますが、厳密には外付け手数料として設定されていませんが、実質的にはスプレッドがFX業者の主要な収入源となっています。

FXのデメリット

レバレッジでのリスク

レバレッジを効かせた取引を行うと、予想が外れた場合は、損失も大きくなってしまいます。

レバレッジは10倍の取引を行うと、損失も10倍になる可能性があるということを頭に入れておきましょう。

為替レートの変動

当然のことながら為替レートは、様々な要因の影響を受けて変動します。

予期せぬ事態で、急激に変動する可能性もあり、値動きを時系列で記したチャートの形から今後の値動きを分析する方法も多くの投資家が取り入れていますが、万能ではありません。

まとめ

FXは少額で始めることができ、大きな利益を期待できる反面、リスクも大きくなる場合があります。

余剰資金で練習を行なってから本格的なトレードへ移行することをオススメします。



無料口座開設はこちら

Blog TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました