仮想通貨取引のレバレッジ取引とは何?メリットやデメリット、オススメの取引所を紹介します

投資・資産運用

近年話題の仮想通貨取引ですが、大きな利益を出すためには大きな元本が必要になります。

「大きなお金を準備できないから、利益が少ない」

と感じる人も多いと思います。そんな時に利用したいサービスが『レバレッジ取引』です。

場合によっては、【1万円で100万円分の取引が可能】になります。

Bybit 無料口座開設

スポンサーリンク

レバレッジ取引とは

レバレッジとは「てこの原理」という意味であり、現物取引のように実際に仮想通貨を交換する取引とは異なり、保有資金を証拠金として口座に預けることで、その資金を担保として、預けている証拠金の何倍もの金額で取引ができる取引形態です。

現在1ビットコイン(BTC)の価格が500万円ですが、レバレッジ2倍の取引を行うと、

500万円×2(倍) = 1000万円分(2BTC分)の取引を行う事が可能になります。

スポンサーリンク

レバレッジ取引のメリット

下落時にも利益を上げることができる

レバレッジ取引では、値下がりすることを予想し、先に仮想通貨を売却し、値下がりした時点で買い戻す取引が可能であるため、価格が下落した際にも収益を上げることができます。

レバレッジ取引 現物取引
上昇相場 価格が低下している際に仮想通貨を購入し、価格が上昇したタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。 価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。
下落相場 価格が高騰している際に仮想通貨を売って、価格が下落したタイミングで買い戻すことで利益を狙うことが可能。

少額でも大きな利益を出すことができる

レバレッジ取引の最大の特徴の『証拠金を担保にする事で、証拠金以上の何倍もの取引額で取引が可能』という点です。

国内主要取引所は2〜4倍のレバレッジ取引が可能です。

私のオススメはシンガポールの取引所の『Bybit』です。

なんとレバレッジは100倍まで可能です‼︎
ビットコイン以外の通貨は最大50

Bybit 無料口座開設

レバレッジ取引のデメリット

損失も大きくなる

かける金額が大きくなる分、損失が出た際にはレバレッジ2倍であれば2倍の損失が発生します。

このようにレバレッジ取引は、大きなリターンを狙える半面、リスクも大きいということがわかります。

リスクを理解したうえで、取引を行うことを心がけましょう‼︎

証拠金維持率を維持しなければならない

証拠金維持率とは、「レバレッジ取引に必要な証拠金に対しての、純資産の割合」です。

基本的に、この証拠金維持率が一定水準を下回ると取引が自動的に止まり、できなくなります。

レバレッジ取引を行う場合には、建玉管理料という手数料が発生する場合があり、長期取引より短期取引に向いています

現物取引に比べて資金効率が良いというメリットがある反面、こういったリスクやデメリットの存在を踏まえて、ご自身にあった取引方法を選択する事をおすすめします。

オススメの取引所『Bybit』

Bybitの特徴としては、

  • 追証なしで、レバレッジが100倍まで掛けられる
  • 日本人でも使いやすい
  • 手数料が安い
  • 取扱通貨が少ない
  • Taker手数料が高い
  • クレジット取引が割高

国内主要取引所と比べて様々な面でお得に利用することが出るといえます。

Bybit 無料口座開設

Blog TOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました