【2021年最新版】仮想通貨とは何?特徴・仕組み・メリット・デメリット

投資・資産運用

皆さんも「ビットコイン」というワードを耳にしたことがあると思いますが、今爆発的に投資対象として伸びてきているのが『仮想通貨』です。

仮想通貨は、2017年頃に世に言う『仮想通貨バブル』という価格大暴騰が起こったことで、一気に有名になりました

2021年現在でも様々な仮想通貨が取引をされており、ビットコインに至っては数十倍、数百倍の勝ちになっています。

しかし名前は耳にしても、仮想通貨とは何か?と聞かれたら、答えられる人はそう多くはありません。

そこで今回の記事では、『仮想通貨』について、特徴や仕組み・特徴・メリット・デメリットなどの基礎的な情報を解説していきます

スポンサーリンク

仮想通貨とは

簡単に説明すると、仮想通貨とは主にネット上で取引される電子データの通貨のことです。

またその名の通り「通貨」としての役割も持ち、円やドルなどのように通貨としても機能します。

20213月現在では、ビットコインは約1500億ドルもの時価総額を持ち、2位のイーサリアムに5倍以上の差をつけた状態です。

電子マネーとの違いは、電子マネーは日本円などの法定通貨をデジタル化したものであり、法定通貨としての扱いになりますが、仮想通貨は国が発行する法定通貨とは一切の関連性がありません。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の仕組み

仮想通貨は3つの重要な要素で成り立っています。

  • 安全性
  • 独立性
  • 希少性

この3つを解説していきます。

安全性

これが一番重要で、せっかく購入したのにハッキングされて盗まれた、大量に流出して価値が下がった、などの安全面での不備があると大変です。

そのため仮想通貨では、『ブロックチェーン技術』により情報が分散して保管されています。

それにより、偽造や二重支払いなどの不正が起こらないようにされています。

ブロックチェーン技術とは、複数のコンピュータでデータを共有することで、不正や改ざんを防ぎ、同時に情報の透明性も生み出す仕組みのことで、「分散型台帳」とも呼ばれています。

独立性

仮想通貨には、日本円でいう中央銀行などの管理者がおらず、国の概念もありません

そのため完全に独立した存在で、需要と供給により価格が変動します。

災害や政治経済などにより変動しにくいために価値が生まれます。

希少性

大量に発行することで価値を下げてしまうことが考えられる中、仮想通貨には管理者が存在しません。

そのため発行上限や発行数を予め設定するなどでコントロールを行なっています。

例えばビットコインの場合は最初に発行上限枚数を設けることによって希少性を生み出し、価値を保っています。

 

仮想通貨のメリット

主に3つのメリットが存在します。

  • 365日いつでも取引できる
  • 送金速度が早い
  • 国境を超えて利用できる

365日いつでも取引できる

株式投資などでは、取引時間が決められていたりしますが、仮想通貨ではネット上で24時間365日取引可能です。

送金速度が早い

ネット上でのやり取りであることと、銀行などの金融機関を通しての取引ではないため素早い送金が可能です。

また銀行などを介していないため手数料も安い場合がほとんどです。

スマホで取引ができる点と発展途上の国のインフラ整備などの観点により『ディープフロッグ現象』がおきて一気に需要が増す可能性を秘めています。

国境を超えて利用できる

大前提として『国』という概念がないために、使用する国の環境が整備されていれば、その国の法定通貨に換金することなく決済手段として使用することができます。

 

仮想通貨のデメリット

仮想通貨にもまだまだ多くのデメリットが存在します。

  • 法的整備が整っていない
  • 変動が大きい
  • ネット環境が必須

法的整備が整っていない

まだ10年程度の歴史しかない仮想通貨は、法的な立ち位置などの法的整備が整っていない国も多く存在します。

日本での少しずつではありますが、2020年5月に仮想通貨についての法案が施行されるなど仮想通貨の信頼性に関わる部分に変化が起きています。

一方世界でも、次々と新たに生まれる仮想通貨や変化に合わせて、法体制の整備が日夜進められています。

変動が大きい

電子マネーなどとは違い、仮想通貨は非常に変動が激しのが特徴です。

仮想通貨が決済方法として定着しない原因の一つに『価値が安定しない』というものがあります。

しかし近年は、安定した価格を実現するように設計された「ステーブルコイン」というデジタル通貨も新たに生まれてきています。

ネット環境が必須

当然のことながらネット環境は必須となります。

しかし、現代社会でネット環境は常に利用できる場合がほとんどですので大きなデメリットとはならない人が多いと思います。

 

まとめ

 

簡単にまとめると

  • 仮想通貨はネット上の通貨である
  • 「安全性」「独立性」「希少性」から成り立っている
  • いつでも取引でき、大きな利益を生むメリットもある
  • 法的整備が間に合っていないなどのデメリットもある

 

主に投資目的で購入する人が多く、今後の展望などをしっかり考察して保有・運用していくことが重要になります。

仮想通貨取引所比較ランキングを見る

Blog TOP

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました