【2021年最新版】草コインとは何?2021年オススメの草コインは何?

投資・資産運用

近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨投資が注目されています。

株式投資よりも圧倒的に大きな変動率で大きな利益を生み出す可能性を秘めていると多くの投資家や著名人が参入しています。

その中でも『草コイン』に注目が集まっています。実際に価値が1万倍に上がったというコインがいくつも存在し、2021年の仮想通貨バブルの際には億り人を何人も排出しました。

今回は、『草コインって何?』という疑問から『2021年オススメの仮想通貨』について紹介します。

coincheck口座開設

スポンサーリンク

草コインとは何?

簡潔に説明すると『知名度の低い仮想通貨』もしくは『生まれて間もない仮想通貨』のことです。

そのため、時価総額が非常に低く、ビットコインなどの他の主要仮想通貨に比べて投機性の高い通貨ということになります。

過去には1万倍に価値が高騰したものもあり、非常に夢のある投資先であることは間違いありません。

スポンサーリンク

草コインの特徴

草コインに投資する最大のメリットは、価格が急上昇した場合、大きなリターンを得られることであり、その上がり幅が非常に大きいことです。

草コインは、時価総額が小さく大量に保有できること、知名度が低い、取引所が限られるなど、大きな可能性を秘めている点に魅力が詰まってます。

しかし反対に、価値がほぼゼロになってしまう草コインも存在します。そのため一点集中購入をしないことや余剰資金を使って投資することが重要になります。

オススメの草コイン3選

IOST

通貨名 IOST
現在レート 約4.20円(2021年8月現在)
時価総額 ¥4,756,818,624
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
公式ホームページ https://iost.io/

現在進行形で価値が爆上り中の仮想通貨の『IOST』ですが、高性能なデータ処理能力と、スマートコントラクトを利用した安全性抜群のブロックチェーン技術も持ち合わせた仮想通貨です。

今年五月には1コイン当たり10円を超えるなどの高騰を見せ、現在は3円〜4円台で推移しています。

IOSTの技術が様々な金融商品に組み込まれていることから、今後の高騰が期待できます。

QTUM(クアンタム)

通貨名 QTUM(クアンタム)
現在レート 約1,480円
時価総額 ¥114,331,360,659
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
レバレッジ取引可能な取引所 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
公式ホームページ https://qtum.org/en

クアンタム(QTUM)はクアンタム財団により開発、発行された仮想通貨で、仮想通貨の代表格のビットコインとイーサリアムの特徴を併せ持った仮想通貨になります。

QTUM(クアンタム)は、、2021年現在では4社が取り扱う通貨にまで成長しており、今後企業との提携などにより価値を高めていく可能性を秘めています。

エンジンコイン(ENJ)

通貨名 エンジンコイン(ENJ)
現在レート 約203.34円
時価総額 ¥172,507,462,220
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
公式ホームページ https://enjin.io/

エンジンコインは2009年配信され始めたオンラインゲーム内で売買など使用することのできるコインです。

通常は違うオンラインゲーム間の売買はできずに、売買は同じオンラインゲームに限ってましたが、エンジンコインの場合は異なるゲームでも売買や送金などのやりとりができます。

Microsoftとの提携していることから、今後のさらなる上昇が期待できます。

まとめ

草コインを購入、運用する場合には以下の点を気をつけなければなりません。

  • 分散投資を行う
  • 余剰資金を使って投資する

変動率が大きい仮想通貨の中で、草コインは特に変動し、上昇もすれば下降もします。リスクと隣り合わせの中でしっかり検討後に購入することをオススメします。

coincheck口座開設

Blog TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました