株式会社と個人事業はどっちがお得?【税金の秘密を徹底解説】

ライフスタイル

「ある程度の利益が上がれば、株式会社かした方が節税になる」

など、一度は耳にしたことはあると思います。

しかし、具体的な「個人事業」「株式会社」の違いを説明できる人は少ない現状です。

国が副業を進める中、個人事業への関心も増してきています。

今回は『株式会社と個人事業はどっちがお得?』を解説していきます。

スポンサーリンク

 個人事業と会社の違い

契約主体

事業を行うにあたって、様々な契約や売買を行うこととなります。この時、契約主体は、個人事業主は事業主自身会社の場合は会社そのものになります。

個人事業主の場合

利益も損益も事業主自身のものになる

会社の場合

利益は会社のものとなり、社長の物にはならない。また、損益も会社のものとなり、債務をおう必要はない。

事業用財産

個人事業主の場合

事業で生じた債務(借金)はすべての財産を使い返済に当てなければならない

会社の場合

事業で生じた債務(借金)は、会社の財産のみ返済に当てなければならない

責任の範囲

個人事業主の場合

債権者に対して、すべての負債に対して責任を負う

会社の場合

債権者に対して、出資額(資本金)を上限とした負債に対して責任を負う

ここが最も大きな違いとなってきますね‼ 

会社の種類

f:id:haruki8282:20201226124008p:plain

スポンサーリンク

 株式会社化するメリット、デメリット

メリット

POINT

  1. 一定額以上の所得になった際に節税になる。
  2. 経費の幅が広がる。
  3. 社会的信用が高くなるため、金融機関からの融資を受けやすくなります。
  4. 取引先の規模が大きくなりやすいです。
  5. 人材を集めやすくなります。

デメリット

POINT

  1. 設立費用がかかる。(20万から30万)
  2. 事務負担が増える。
  3. 社会保険の保険料が高くなる。
  4. 赤字でも年間7万円の法人住民税がかかる。
  5. 会計事務所のサポートが必須になるためコストがかかる。
  6. 税務調査が入りやすくなる。

 

 税率の違い

所得税と法人税:

(万円:%)

f:id:haruki8282:20201225161057j:image

f:id:haruki8282:20201225161102j:image

国税庁HP

このように多くの売り上げを上げることで『税率』はどんどん上がっていきますが、それは個人事業と会社では『税率』は異なります。

一般的に収入が700〜1000万円を超えると個人事業より会社の方が税金面で有利になると言われています。

会社化のする一つの基準が700万円〜1000万円の利益の発生といえるでしょう

 経費の違い

旅費

個人事業:出張交通費にかかった分のみ経費にできる

会社  :出張交通費に加えて、出張手当も経費にすることができる

生命保険

個人事業:生命保険控除の枠内でしか控除できない

会社  :全額、または半額まで経費にできるものもあり、節税を行うことができる

自宅・事務所

個人事業:事業に使用している面積分だけ、経費に計上できる

会社  :住居部分も社宅として、賃料の半分以上を経費にできる

自動車

個人事業:事業に使った割合のみ経費にできる。

会社  :事業に必要であれば、全額経費にできる。

 まとめ

POINT

  • 税率の観点からにても、収益に応じて会社設立を考えることも重要です。
  • 経費計上の幅や融資を受け易いなど規模を大きくしたい などの目標に応じて会社設立することも重要です。 
  • 様々なものを経費として計上できるようになるため、大きな節税になります。
  • 責任の範囲が大きく違うため、大きな金額を扱う際には個人事業では注意が必要です。

Blog TOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました