社会人1年目に知っておきたいお金の仕組み【手取りはそのくらいになる?】

ライフスタイル

 

スポンサーリンク

手取りはどれくらいになるの?

 

社会人1年目の給料は20万円前後になることが多いと思いますが、額面で20万程度であると実際の手取りは15万円〜17万円程度になります。

詳しく解説すると…

年収別月額手取り表 【社会保険料控除15%、社会保険、所得税、地方税引かれてます】

給与収入▶︎手取り

1,030,000円 ▶︎ 85,833円

3,000,000円 ▶︎ 198,875円

5,000,000円 ▶︎ 323,458円

8,000,000円 ▶︎ 491,792円

10,000,000円 ▶︎ 592,208円

ここに配偶者控除や扶養控除などにより増えていきますが、一番MAXでの手取り換算はこのような形になります。

手取りシュミレーション

ボーナスを計算せずに12で割った数字になりますので、手残り額として参考にされてください。

おすすめの節約方法としては格安スマホや通信会社変更して、固定費を抑えましょう。

税金についての記事

スポンサーリンク

2年目には手取りが減る可能性も

2年目より、1年目の年収に対して住民税がかかります

そのため手取りが減ることが多いです。場所や年収により変動はしますが5000円程度になることが多いです。

生活に慣れてきた2年目には、より固定費を抑えていきたいですね。

 

貯蓄癖をつけよう

「毎月10%貯金する」

などの目標を事前に立てていないと、全部使い切ってします場合も…

ある程度の貯金が貯まったら投資を行うことをお勧めします

銀行は金利が低すぎて、100万円預けて年間8円程度の金利であるため、投資を行いましょう。

投資についての記事

自己投資を行いましょう

 

会社の昇給なんて3000円〜1万円程度です。自らに投資を行いスキルを磨くことをおすすめします。

  1. スキルを身につけて転職する。
  2. 副業を行い収入を増やす。

いまだに年功序列の文化が根付いている日本では、会社勤めで収入を増やすことはすごく難しいことです。

 

Blog TOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました